よくある質問

バスト

バッグが破れる事はないのですか?
通常の生活においては全く問題ありません。 現在では万が一外膜が破れても内容物が漏れ出ることのない、安全性と耐久性の高い豊胸バッグを採用しております。
どのような麻酔を使うのですか?
基本的に硬膜外麻酔といって分娩にも使用されている、とても安全で体にやさしい麻酔を採用しています。静脈麻酔を併用するため手術は眠ったままで終了します。
当院では、日本医科大学付属病院在籍時より麻酔科医として従事し、「日本麻酔科学会」所属でもある加藤総院長が、豊富な経験と知識、熟練の技術で安全な麻酔法を実践しております。
ガンになる事はないのですか?
豊胸手術が乳がん発症の原因にならないことは疫学的調査から明らかになっておりますが、治療後も定期的に乳がん検診をお受けになられることをお勧めいたします。
胸の大きさに左右差があるのですが直せますか?
左右で大きさや高さの異なるバッグを採用し、入れるボリュームを調節することでバランスを整えることができます。
傷は目立ちますか?
基本的に脇のくぼみのシワに沿ってアプローチしますので、早い方ですと3ヶ月程、平均で6ヶ月程で目立たなくなります。
授乳への影響は?
母乳を作る乳腺を傷つけることはなく、また豊胸バッグが影響することもありませんのでご安心ください。
バストが硬くなってしまうことがあると聞いたのですが、、、
「拘縮」のことですね。もちろん多くの方は柔らかいままなのですが、まれに硬くなる方がいらっしゃいます。バッグを入れているスペースが狭くなる事により起こります。丁寧な治療と治療後マッサージや拘縮予防バッグ(マッサージ不要タイプ)の採用などにより可能性を低くすることができます。
年をとったらどうなるの?
ご年齢的に大きすぎると感じた場合には小さいバッグに入れ替えることが可能です。また取り出すこともできます。

このページのトップへ

English 中国語 簡体 中国語 繁体 韓国語