取材・紹介記事

第3回 「ドクター加藤の美人養成講座」

6.jpg 月刊誌「25ans」の2004年6月号ではバストをテーマとした「ドクター加藤の美人養成講座」第3回が掲載されました。
日本の患者さんは豊胸に関してもとても真面目で、「どうせなら大きく!」という方よりも「体型にあった自然な胸を」という方が多数を占めています。
では、世界各国で行われているバストアップの手術について大きさや形、主流となっているバッグの種類や安全基準など、日本と比べた世界各国のスタンダードはどうなのか? という内容で豊胸についてお話しています。
また、乳がん患者さんによる乳房再建としての豊胸手術についてもお話しています。
6_2.jpg

第2回 「ドクター加藤の美人養成講座」

5.jpg 月刊誌「25ans」の2004年5月号では、鼻をテーマにした「ドクター加藤の美人養成講座」第2回が掲載されました。
鼻のお悩みをご相談にいらっしゃる方の多くが「鼻が低い」をおっしゃいますが、実は日本人の鼻は骨格的にはけして低くはないんです。
欧米人と日本人の顔の骨格を比較しながら、「もっと高くて綺麗な鼻」になる為の方法を分かり易くお話しています。ノーズラインに一体感を出し、自然に美しい鼻筋になるには日本人の骨格をしっかりと把握した上で鼻のどの部分にどのような施術を行うのが効果的なのか、患者さんにも分かり易くご説明するカウンセリングが必須です。
プチ整形からインプラントの挿入についても、具体的にお話しています。
5_2.jpg

第1回 「ドクター加藤の美人養成講座」

4.jpg 月刊誌「25ans」の2004年4月号からは、加藤クリニック|麻布の加藤院長による「ドクター加藤の美人養成講座」と銘打って、毎月各パーツごとのお悩みにお答えする新連載がスタートしました。 初回の今回はプチ整形などで人気の「目」についてお話します。
二重にしたいとお考えの方への最適なご提案を行うには、患者さんのご希望の「パッチリした目」になる為の細かいディティールを検証しなくてはなりません。
例えば、まつげの際に皮膚がかぶっていないかどうか、また生え際は上を向いているのかどうか、時にはコンタクトレンズの使用期間も重要なポイントになります。
目を開けた時の印象を患者さんの希望通りにするには、ただ単純に二重の幅を広げるだけではいけないんですね。
目力に自信の持てる持てる女性になる為に、あなたにピッタリの二重まぶたについて考えてみましょう。
4_2.jpg

第3回 「美容外科への不安を解消」

3.jpg 月刊誌「25ans」の2004年3月号では、加藤院長が皆様が漠然と抱えている美容外科への不安を解消する連載コラムの第3回が掲載されました。
今回は、具体的な方法論を検討する上での、最も重要なある事柄についてお話しています。 クリニックを訪れる患者さんには、客観的に誰が判断して誰が見ても「きれいな顔・形」にするような方法をアドバイスしなくてはなりません。
その時に加藤院長が最も大事に考えているのは「本人の顔のアイデンティティを尊重する」ことです。 それは将来的に自然な美しい表情が持続することに繋がります。
そんな「本当の美しさ」について考えてみましょう。
3_2.jpg

第2回 「美容外科への不安を解消」

2.jpg 月月刊誌「25ans」の2004年2月号にて加藤院長のコラム連載第2回が掲載されました。今回は美容外科への不安を解消するための第一歩として、カウンセリングについての具体的な内容をお話します。
「美容外科は動機の外科」と言われるように、美容外科を訪れる人の多くはコンプレックスを解消し人生をより楽しく前向きに生きようとする人たちです。
その方によって解決方法はさまざまですが、皆さんに手術が必要とは限りません。
そんな皆さんをサポートし、患者さんを喜びの表情に変えるお手伝いをする為に最も重要なカウンセリングの本来の目的を、加藤院長からお話しています。
2_2.jpg

第1回 「美容外科への不安を解消」

1.jpg

月刊誌「25ans」の2004年1月号から、加藤クリニック|麻布の加藤院長のコラムがスタートされました。
初回は、加藤院長が最愛の父親の病をきっかけにして医師の道を志して、医学を学んでゆく中で、「容姿の問題がいかに精神と深く結びついているものか」という認識と理解に至りましたが、実際には医師対患者の関係において、最も大切なメンタルな動機の部分を大切にすることなく、ただ手術を勧めるだけといった医師が少なくない中、自分自身の理念に基づいて医師対患者の信頼関係を大切にしながら美容外科に取り組んでいく転機となったある出来事をお話します。


1_2.jpg

English 中国語 簡体 中国語 繁体 韓国語