世界初の技術
ミラドライとは?

気になるワキの臭い、多汗を

皮膚を切開することなく、マイクロウエーブ照射により解消
1回の照射で高い満足度&半永久的な効果
治療後の包帯やガーゼ等が必要ありません

ミラドライなら
皮膚を切らずに
ワキの臭い、多汗から
解放されます!

治療前
ミラドライ照射を行う1~2日前にワキの毛を剃ってご来院ください。
※治療当日、クリニックで剃ることも可能ですが、刺激や赤みが増してしまう可能性がございますので、治療日前に剃っていただくことをお勧めいたします。

照射直後から
効果を実感!

ミラドライは、皮膚下及び脂肪上層の2~3ミリに存在するエクリン&アポクリン汗腺をターゲットとする、5.8GHzのマイクロウエーブ(電磁波)を照射することにより熱を発生させ破壊することで、切らずにわきが・多汗を解消する世界初の治療です。

ミラドライ照射直後から汗腺が破壊されておりますので、煩わしく感じていたワキの臭い、汗、洋服などの黄ばみ、汗じみなどから即日解放されます。
マイクロウエーブは、腫瘍、心臓、泌尿器の治療といった医療分野で使用されており、その治療を応用し、ワキの汗腺破壊を目的として生まれた安全性と効果が高い治療法です。

日本美容外科学会で
ミラドライの有効性が
発表

2015年1月10日に開催された日本美容外科学会(JSAPS)第122回学術集会にて、ミラドライの病理結果が発表されました。

・40代男性の腋臭症患者2名に片ワキのみにミラドライを2回照射

・6ヶ月以上経過した後に照射した片ワキと照射していない片ワキの皮膚を採取し比較検討

・2名ともに汗腺減少を確認(うち1名は顕著に減少)

というミラドライの有効性が得られたとのことです。

電磁波腋臭症治療器(miraDry)による腋臭症の治療経験

わきが・多汗症治療の比較表

  外科的治療 ボトックス注入 ミラドライ
皮膚切開 あり なし なし
傷跡 残る可能性あり なし なし
アフターケア 包帯固定あり なし なし
治療後の痛み 強い 弱い 弱い
通院回数 抜糸等あり なし なし
翌日からの生活 最低2~3日安静(休み)が必要 支障なし 支障なし
ダウンタイム 長い 短い 短い
効果実感期間 包帯固定が取れてから 早くて4~5日目より 治療直後
効果継続期間 半永久的 3~6ヶ月 半永久的

今までのわきが・多汗症治療におきましては、根治治療を目指す場合には皮膚切開による外科的手術(剪除法や特殊器具を使う方法)が主流でした。この治療法は、しっかりと治療が行えれば高い効果が望めますが、傷跡が残る可能性、痛みといった術後のダウンタイムが懸念されていました。

そこで近年では、ボトックス注入による手軽にできる治療法が好評を得ていましたが、持続効果が3~6ヶ月で薄れてしまい、その都度注入が必要ということと、臭いに関しては、今一つ効果が弱いといったデメリットがあり、深刻にお悩みになられている方にとっては、治療満足度が低く感じていた方も多いかと思います。

「ミラドライ」は、皮膚を切開することなく、マイクロウエーブを照射することで、ワキの臭いや汗を発生させる汗腺を安全に破壊し、わきが・多汗症を解消できる世界初の画期的な機器になります。治療後のケアもほとんどなく、直後から普段の生活に支障のないストレスフリーな治療となっております。
実際の効果も、当院スタッフによるモニター治療において、ミラドライ1回の照射で満足度も高く、臭い、汗の量も劇的に減少したことが確認できております。

また、外科的手術を受けられた方でも現在の状態によっては、ミラドライの照射が可能であることが分かってきましたので、効果に不安のある方、再発などでお悩みの方は一度ご相談ください。

すそわきがに関しましても照射方法を独自に改良しまして、ミラドライによる治療が可能となっております。

お気軽にお問合わせください。

子供(未成年)への
ミラドライ治療

ミラドライでの診療を開始以来、「子供のワキの臭いを治療したい」という親御様からのお悩みも多くいただき未成年患者様の治療も数多く行っております。しかしながら成長期前や成長期途中の場合は、ミラドライによってワキの臭いが軽減することができましても、成長期により新たに汗腺ができ再び発症する可能性がございますが、今すぐに少しでもワキの臭いを軽減させたいというお悩みにご協力できればと考え、お子様(未成年)へのミラドライを照射方法や麻酔方法などを工夫して治療を行っております。
※未成年の方は複数回の治療を視野にご検討ください。

ミラドライ 施術の流れ

flow

  • 1

    臭いと汗が発生している部分(発毛エリアを基準)を選定しマーキングを行います。

  • 2

    両ワキに麻酔(局所)を行います。(所要時間10~20分)

    従来のミラドライの麻酔方法は、注射を片ワキにつき40~50箇所も打たなければならず、麻酔時の痛みや不快感を訴える患者様が多かったのですが、当院では日本麻酔科学会に所属し麻酔に精通している総院長の技術改良により、片ワキにつき数箇所の注射で麻酔時の痛みを大幅に軽減できるようになりました。
    また、この麻酔技術は麻酔の浸透性がとても高いためミラドライ照射時も、今まで以上に快適にお受けいただけます。
  • 3

    「ミラドライ」を照射します。

    当院では2010年からの実績と国内外のミラドライにおける治療効果を収集検証し、1回の照射で効率の良い効果を得られる広範囲の照射とダブル照射(2重照射)で治療を行っております。両脇で1時間半~2時間の照射時間になります。
    マイクロウエーブ照射直後に冷却照射も行いますので快適に治療が受けられます。
  • 4

    照射終了後、鎮静のためにアイスパックで冷却を行います。(経過観察含め約10分)

    包帯を巻いたりガーゼを当てることなく、ご帰宅できます。
  • 5

    治療後

    基本的に通院の必要はございません。

    腫れや浮腫み、痛みがある場合には、アイスパックなどで患部を冷却しますと落ち着きますので、ご安心ください。

    ※他、症状にご不安がある場合には、いつでも診察にご来院ください。

    ミラドライが開発された米国メーカーからの報告によりますと、1回の照射で70%減少とのデータが出ております。

    更なる効果をお望みの場合には、初回の治療より3~6ヶ月以上経過後、ミラドライによるメンテナンス照射(補足照射)が可能です。

料 金

Price

両ワキ ダブル照射(web料金) 通常価格

¥286,000

両ワキ ダブル照射(通常料金) 通常価格

¥366,300

すそわきが 通常価格

¥275,000

両ワキ ダブル照射+すそわきがセット 通常価格

¥462,000

※消費税込み表記となっております。
※ご予約時に「web または ホームページを見ました。」とお知らせいただきますとweb料金の適応になります。
※学生割引もございます。お問合せください。
※web料金は現金お支払いのみの適応とさせていただきます。

当院では2010年からの実績と国内外のミラドライにおける治療効果を収集検証し
ワキへの照射は1回の治療で効率の良い効果を得られる広範囲の照射と、ダブル照射(2重照射)で治療を行っております。

本ページの監修医師

Doctor

doctor
医 師

加藤 一実

経 歴
1963年生まれ
 
1990年3月
日本医科大学卒
1990年6月
同大学麻酔科入局 研修
1994年2月
加藤クリニック麻布 開業

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

東京院、ANNEXは10:00~19:00、
大阪院は11:00~19:00の完全予約制となっております。

LINE予約 / WEB予約

LINE/WEB reservation

東京院、ANNEXはLINE予約をおすすめいたします。
WEB予約は送信後3営業日以内に当院より日程確認のお電話を差し上げます。