レディエッセ注入法

レディエッセ注入法

施術可能院

モニター募集
モニターご協力で料金さらに割引!

適応部位

  • こめかみ
  • ほうれい線
  • 口角
  • あご
  • 手の甲

Case

症例写真

Before

After

施術概要・リスク

Overview

施術箇所
手の甲
施術の説明
お顔や輪郭形成や法令線(鼻唇溝)、口元(口角溝)の窪みやシワ、手の甲に注入しボリューム形成を行います。
施術の副作用(リスク)
赤み、腫れ、熱感、内出血、痛み、かゆみなど
※効果には個人差があります。予めご了承ください。
施術の価格
1本(1.5㏄)    ¥132,000

担当

加藤 一実

プチ整形や
窪み・シワを改善する
長期持続注入剤

レディエッセは鼻筋を通す、アゴの形を整えるといったプチ整形(輪郭形成)や、加齢によるお顔のこめかみや頬、法令線(鼻唇溝)、口元(口角溝)の窪みやシワに注入を行い、ボリュームを形成してふっくらとした若々しい表情へと導く注入法です。
またアメリカの形成外科では広く手の若返り治療にも使用され、ボリュームが減少した手の甲にレディエッセを注入することで、シワや浮き出てきた血管の露出を目立たなくさせることもできます。

適応箇所

  • 鼻筋を通す
  • アゴの形を整える
  • コメカミの窪み
  • 頬の窪み
  • 鼻唇溝の窪み・シワ
  • 口角溝の窪み・シワ
  • 手の甲をふっくらさせる(シワ・浮き出た血管を隠す)

米国FDA認可の注入剤

レディエッセの主成分はカルシウムハイドロキシアパタイト(CaHA)で、歯や骨を形成している成分です。形成外科や歯科において、体内に埋入しても異物反応を起こさない物質として、輪郭形成などに長年使用されてきました。レディエッセは法令線(鼻唇溝)のシワや窪みを解消し、1年半以上に渡り効果が持続するとして米国FDA(※1)の認可を得ている、安全性にも優れた製剤です。またCEマーク(※2)も取得しています。

(※1)米国FDA・・・米国食品医薬品局。日本の厚生労働省にあたる。
(※2)CEマーク・・・欧州において健康を保護する安全規則に適合した医療機器などに与えられるマーク。

1年半以上の持続効果

レディエッセは深さのあるシワや窪みをふっくらさせるボリューム形成に適しており、注入後すぐに効果がわかります。コラーゲンやヒアルロン酸は吸収されると完全に効果が無くなってしまいますが、レディエッセは自己コラーゲン生成作用により、1年半以上効果が持続します。

コラーゲン生成作用で
さらに効果長持ち


 

レディエッセは注入を行うと、主成分であるカルシウムハイドロキシアパタイト(CaHA)が線維組織に入り込み、シワや窪みを持ち上げます。

その間にカルシウムハイドロキシアパタイトの周りに自己コラーゲンの生成が始まります。 カルシウムハイドロキシアパタイトは約1年半かけて分解されますが、自己コラーゲンが生成されたことにより、効果がゼロになることはなく、注入前から比べると弾力のあるお肌が維持されます。

料 金

Price

1本(1.5㏄) 通常価格

¥132,000

※消費税込み表記となっております。
※1本単位での治療となります。薬剤が余った場合には、患者様名とカルテ番号を記入して保管し、1ヶ月以内であれば同患者様へのタッチアップや他部位注入に使用します。
※法令線で平均1本使用します。

未承認機器・医薬品等

この治療で使用されるレディエッセは医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医薬品です。

入手経路等

MERZ社より個人輸入しております。

国内の承認医薬品等の有無

国内においては承認されている医薬品はありません。

諸外国における安全性等に係る情報

米国FDA(アメリカ食品医薬品局)承認、CEマークを取得しております。
治療リスク→赤み、腫れ、熱感、内出血、痛み、かゆみなど。

本ページの監修医師

Doctor

doctor
医 師

加藤 一実

経 歴
1963年生まれ
 
1990年3月
日本医科大学卒
1990年6月
同大学麻酔科入局 研修
1994年2月
加藤クリニック麻布 開業

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

東京院、ANNEXは10:00~19:00、
大阪院は11:00~19:00の完全予約制となっております。

LINE予約 / WEB予約

LINE/WEB reservation

東京院、ANNEXはLINE予約をおすすめいたします。
WEB予約は送信後3営業日以内に当院より日程確認のお電話を差し上げます。